鉄道模型専門店

  限定品の鐡道省二等車 等級帯色  業販分は完売、当店店頭でも残数本となりました。


  卸問屋(宮沢模型・イリサワ・冨士模型)様で若干在庫があるかも知れません。

  お早めに上記問屋様と取引がある専門店様へご相談下さい。



  




  2018年 Wルーフ客車シリーズ 第3弾  発売時期 10月発売予定

  




  



  
セラ1 10輌セット 完売間近です。

  今なら一部の問屋様・販売店様に若干数在庫があると思います、お早めに!

  なお再生産の予定は現在ありません、ご注意下さい。




  マニ36700 8月30日出荷しました!

  第2弾の最後 リベットたっぷりWルーフ荷物車マニ36700出荷完了。

  マニ36700 組立見本

  

  


  そしてTR71を装着した”カニ39550もどき” フレーム以外やはりそっくり!

  

  

  第3弾として寝台ロネ・イネを作りたいのですが、非常に厳しい状況・・・

  弱小個人経営なので潤沢な資金などありません、皆様のご助力次第です。




  
マニ36710 出荷しました!

  リベットが少ないWルーフ荷物車のマニ36710は200輌限定生産の出荷です。

  既にマニ36700試作も完了、量産に入っていいるため710は2度と作れません。

  マニ36710 組立見本公開

  

  TR-23を装着した純正の姿、真横から見るとこんな感じです。

  



  マニ36710にTR-71を装着するとリベットが極端に少なくても似てます。

  マニ36700だと完全に ”カニ39550もどき” になりますね!

  

  




  おまけ

  

  

  室内塗装やグローブ室内灯などチョットだけ気合を入れて作ってみました。

  肥薩線矢岳越えのスハフ32、ベンチレータ撤去・モニター窓埋め改造後の

  姿にしてみました。



  8月2日 スハフ34200 (原形モニター板・穴無しモニター板 2種標準添付)

  一般客車用W屋根ランナー(穴無しモニター板付)  2商品を出荷しました。


  スハフ34200は穴無しモニター板で 肥薩線 人吉⇔吉松 間の矢岳越えに

  ベンチレーター撤去などの改造を受け、無煙化で運用離脱=形式消滅まで

  営業利用された姿を簡単に作成できます。 
(これがやりたくて作ったのですが・・・)


  

  



  7月26日 スイテ37030 ・ 行燈無し展望デッキ ・ 行燈付き展望デッキ

  3商品を出荷しました、到着まで少々お待ちください。

  


  7月13日 マイテ37010 を出荷しました、到着まで少々お待ちください。


  


  
Wルーフ展望車 組立見本の3形態

  
  
マイテ37010 試作組立見本 (7月初旬に出荷します)

  
  
スイテ37020 量産組立見本 (既に発売済み)

  
  
スイテ37030 試作組立見本 (7月中に出荷できるでしょう)



  
信楽高原鉄道 SKR-501 について

  

  信楽高原鉄道さまから直接購入されるとSKR-401/501両方が作れる
  デカール付属のキットが税別¥10,000-です。

  

  この商品は事業社販売の限定仕様商品です。

  一般販売デカールは501用は入っていませんが、事業社限定仕様なら
  キット+デカールが同じ価格で入っていますからお得です。

  ご希望の方は信楽高原鉄道さまへご相談ください。





  

  
マイテ37010の試作車体に別売の行燈無し展望デッキを取付けてみました。

  キット標準添付は行燈付き、この姿は別売の展望デッキ購入が必要です。
  

   (ガラスは試作品が少なくて入れてませんし、等級帯は乱れてますがご容赦を...)

  

  そこに別売の富士テールサインを付けてみると、やはり似合います!

  登場当時のマイテ37010が富士の最後部を飾る姿は素敵です。

  現在量産中で出荷は7月初旬になりそう、もう少々お待ちください。




  
Wルーフ客車シリーズ 第2弾! 
(2017年7月から順次出荷です)

  
@ スハフ34200 (スハフ32)  税別価格 ¥9,000-
    
矢岳越のスハフ製作用に通常のモニター板とフラットモニター板の2種が付属。

  
A マイテ37010 (マイテ39)   税別価格 ¥19,000-
    
戦前の富士用に製造され戦後も活躍した展望車、丸行燈付 展望デッキ標準添付。

  
B スイテ37030 (スイテ47)   税別価格 ¥19,000-
     スイテ37000を改造し燕予備車として誕生した展望車、丸行燈付 展望デッキ標準添付。

   C マニ36700 (マニ31 初期)  税別価格 ¥9,000-
      腰帯幅が少し広いが同一窓配置なのでTR71を履けばカニ39550にそっくり。

   D マニ36710 (マニ31 中期)  税別価格 ¥9,000-
      極端にリベットが少ないWルーフの荷物車   
200輌の限定生産品

   E 行燈無し展望デッキ (部品)  税別価格 ¥4,300-
      戦前の富士は山型看板のテールサイン、交換用に行燈無しタイプを作りました。

   F 富士テールサイン (山型 2種) 税別価格 ¥1,200-
      塗装済みエッチング製の山型看板、FUJI表記のS.4版とS.7版の2種入り。
      戦後の電関に取り付けられた山型ヘッドマークはS.7版デザインのものです。






  
「特別急行 燕 9輌セット」用 モデルシーダー製の車内間仕切りセット

  少量ですが入荷。 
(スハニ・スハ×4・スシ・スロ・スロ・スイテの9輌分)
  レーザーカットされたペーパー製で、軽量仕様の製品です。
  ディテールアップに如何でしょうか?



   Wルーフ客車シリーズ 第1弾 最終出荷

   
初回出荷限定 特別急行 燕 9輌セット 12月15日出荷
   長らくお待たせしました!
   無くなり次第、燕セットは販売終了となります。



   Wルーフ客車シリーズ 第1弾 4次出荷

   スロ30800 12月14日 出荷しました!




   Wルーフ客車シリーズ 第1弾 3次出荷

   スロ30750 ・ スシ37740 12月 7日 出荷しました!
   スロ30800の出荷は来週となります。

   その後に頑張って箱詰し 「特別急行 燕 9輌セット」 出荷となります。
   セットをお待ちの方は、もう少々お待ち下さい。




   Wルーフ客車シリーズ 第1弾 2次出荷

   
スハニ35650 ・ スイテ37020 11月16日 出荷しました!

   

   ( スハニ35650/スイテ37020共に写真は初期試作品、量産品とは若干異なります )

   

  お待たせしました、遂にスイテ37020登場。
  単品販売で軽量の展望車が登場、これで編成の最後部が軽くなります。

  初回出荷限定の「特別急行 燕 9輌セット」は、記載通り1回のみの出荷。
  11月中に販売店様へご予約頂ければ間に合うと思いますが、お早めに!



  Wルーフ客車シリーズ スハ32600 10月26日 出荷しました!




   まず スハ32600 を出荷しました、今後準備ができた形式から順に出荷します。
   2次出荷は スハニ35650 と スイテ37020 を11月中旬頃の予定。
   3次出荷で スロ30800・スロ30750・スシ37740 と続き
   最後に初回出荷限定の 特別急行 燕 編成 9輌セットとなります。
   ご予約のお客様方は、もう少々お待ち下さい。




   
試作車輌を公開 2016.08.29

     少しだけ改良点はありますが、あと半歩で量産化確定となる状態となりました。
     スハニ35650が量産化確定すると基本仕様確定となり、ここから開発が高速化するでしょう。

     第2弾も スハニ35650








    2016.06.30 試作公開

           
    
第1回試作の無塗装展望デッキ  と  ぶどう1号で塗装してみた展望デッキ

    
写真の展望デッキは別部品のアンチクライマーを取付けています。
    
展望デッキは一体成型プラ部品、車輌本体との取付もプラ用セメントで簡単。
    まだ問題点もあるため、更なる改良を行います。
     また床下機器の更なるリアル化を目指す方は市販部品をご利用ください。



   店長40年来の夢 蒸気機関車の単機牽引でフル編成を走らせたい。

   しかし、ブラス車輌では車重があり過ぎて超重量級機関車かオバケか...
   40年待っても大手さんから発売されないので、自分で作っちゃいます!



   N D C シ リ ー ズ の新 製 品 情 報

   

   信楽高原鐵道 SKR-400 が仲間入り!

   強化型スカートに前面ダンパ・私鉄型列車無線アンテナ装備のNDC車輌

   一般発売は5月中旬を予定。 (税別価格:キット \8,000-/デカール \2,000-)





   
JR九州が運行試験している817改造の蓄電池車”DenCha”

   
正式に819系として4月から試験運転開始の発表がありました。

   
JR東日本も男鹿線へ投入が決定、車両はDenCha改良型とか

   先日デザインが発表されたEV-E801 さっそく作ってみました!

   
(なまはげイラスト部や車輌前面上部はよく判らなかったので雰囲気です)

   

   

   

   817-0キットとNDCの余ったスノープロー、部品ランナーのネームタグ(ゴミ)を

   使って改造、デカールを作って貼り付けました。

   デザインが公開されたのが前面と側面片側のみですから、車体の反対側は

   不明ですが、2016年から試験運転が始まる車輌をいち早くいかがですか?

   実車も試験車輌ですから900番台という事で・・・




   
815系 ・ 817-0 プラ製ベースキット 好評発売中!

   
815系プラキットを6月3週の週末より発売しました。

   815系用デカール ・ 815/817共用のウェイト兼用床下機器 ・ 真空遮断機も
   同時に出荷しましたのでご利用ください。
   815/817共用ウェイト兼用床下機器の本体価格は\5,000-となりました。

   


   

   屋上機器セットの試作を冗談で作ったNDC改造の電車に
   搭載してみました、こちらも改良量産中です。
   パンタ : IMON製 PT7117A 1本シュー  ・  碍子 : エンドウ製





1/80 京阪電鉄 大津線 600形 プラ製ベースキット/2輌1セット

プラ製 無塗装・板状ベースキット
           税別¥ 19 , 0 0 0 -

別売 : ロスト製専用台車枠 2輌分/左右区別あり    税別¥8,000-
     MP動力化用センタースペーサー 2輌分/4個入 税別¥500-
     ウェイト兼用ホワイトメタル製床下機器         税別¥4,000-

[ 京阪電鉄商品化許諾済 ]



   ★★★ NDC18m級プラキット ★★★
    

     ↓   こちらを   ↓   ご覧下さい   ↓ 
   
            
   







              



九州・久留米
 筑豊の代名詞”ボタ山”を背景に石炭列車を牽引するD51    撮影 : 白土 武男