本文へスキップ


電話でのお問い合わせはTEL.0942−35−0171

〒830-0049 福岡県久留米市大石町143

〜歴史と文化の薫るまち〜 京町校区まちづくり委員会

京町校区まちづくり委員会のホームページへようこそ。

 町校区は、久留米市の西の玄関口であるJR久留米駅の西側に位置し大河筑後川に抱かれ、京町・瀬下町・大石町及び、白山町・縄手町・梅満町の一部地域で形成されています。
 京町校区の京町という地名は、明治6年藩政期まで使われていた京ノ隈小路が京町と改名されたことが由来となっています。この京ノ隈校区のいわれにはいくつかの説がありますが、いずれも仏教の系(きょう)が語源となっています。
 校区には、水天宮総本宮や久留米藩の菩提寺・九州の代表的な修行道場である外苑の梅で有名な梅林寺があり、また藩の川港として栄えた瀬ノ下など藩政時代の名残が色濃く残っています。さらに5世紀末から6世紀初め頃に作られたと思われる装飾古墳の日輪寺古墳や日本近代洋画の巨匠・坂本繁二郎生家が今も残っています。



informationお知らせ


2018年7月19日  
ホームページに防災関連情報を掲載しました。(画面右側)
2017年11月17日
ホームページをリニューアルしました!
(一部準備中あり)
2013年2月15日
京町校区まちづくり委員会ホームページを開設しました





【京町校区の人口】 (H30.9.1現在)
  世帯数:2,764  人口:5,722  男性:2,709 女性:3,013


  • 京町校区まちづくり委員会