ビシマ釣りについて

ビシマとは紀州の漁師が水深があり潮流の速い漁場であるところで、軽いオモリだけで釣れる様に考案したものであると言われてる。つまり、100bなら100bの糸(テトロン、ラージなど)0.3から0.6g程度のビシを数かみつけることによって軽いテンヤだけで底がわかり魚を釣ることができる道具なのである。竿もなければリールもない。裸一貫、たった一本の糸と腕だけがたよりの釣りなのでとてもエキサイティングだし、漁師気分にもなれる最高の釣りである。この釣りは難しいと敬遠される人もいるが、コツをつかむとたちまちのめりこんでしまう釣りでもある。

関東編


この釣りは昭和のはじめ紀州の雑賀崎の旅船の漁師たちによってこの地にもたらされたものである。どんぶ゜りという鉛でつくったつりがね型のものを海中にたたきつけて気泡を発生させ真鯛を寄せ野菜のかぶらに似せた生きエビのついた10号前後の鉛に食わせる釣り方である。つまり1本釣りである。どんぶり打ちは、紀州雑賀崎では使わないのであるが漁師たちは、どんぶり打ちのことは熟知していたのである。つまり、どんぶりも紀州の漁師たちから伝えられたということは周知の事実としてある。
大原地区でのビシマ釣りでの真鯛釣りは、春の乗っ込み時期と秋の荒食いの時期に大きく分けられる。乗っ込みは水深が50〜80m、秋は20m前後と極端に浅くなる。乗っ込み期は、水深がやや深いため、どんぶりはやらないが、秋の荒食い期はどんぶり打ちをすることによって非常に効果があると言い伝えられている。カブラは、春の乗っ込みでは、10〜12号のカブラに5号前後のハリスを7ヒロとる。秋は、6〜8号のカブラに4号のハリスとやや細い。

大原をはじめとして関東のビシマを使った釣りに関するサイトがたくさんありますので一度ご覧になられるのもいいでしょう。 ご参考まで・・・・・・




玄海灘(佐賀、長崎地区)編

壱岐、対馬をはじめとして、ビシマテンヤによる真鯛釣りは、現在でも、行われている。対馬暖流が流れているので、1年中真鯛釣りが出来る好魚場がたくさんある。漁場のポイントは、西より五島列島(玄海灘ではない)、平戸、壱岐、対馬、佐賀北部周辺その他などたくさんある。水深は深くて130m浅くて10m春の乗っ込み期は100m前後を狙い、夏は、30〜50m、秋は50m〜100m、冬は100m前後と季節で違う。(水深はおよそであり異なる場合もある) テンヤは大原方面で使うかぶらはないが、丸い鉛をはじめとして数種類の鉛がある。鉛の重さは、水深、潮によって使い分けることが多いが、人それぞれである。8号から20号までを使い分けている人が大半である。それ以上重いテンヤを使っている人を見かけたこともある。ハリスは通常6〜8号くらいを使っている。浅場では、もっと細仕掛けでやる人もいるが、平均するとこのような感じである。

私(管理人)は生まれも育ちも福岡県の筑後の漁師町です。九州全域でもビシマ道具による真鯛釣りは今でも盛んである。私が知っている限り佐賀県、長崎県でいまでも漁師さんをはじめとして乗合船とたくさん存在している。私は、佐賀県の呼子港から出ている乗合船に乗って真鯛釣りに行っています。漁場はどの港から出てもほとんど同じようなところですが、佐賀北部、壱岐周辺、五島沖、対馬沖とさまざまです。狙う水深は季節によって10〜130mと違ってきます。冬から春にかけては100〜130m前後、夏〜秋は20〜60m前後を主に狙います。もちろんこうとは限りません。関東方面の釣りとは違います。壱岐対馬領域の真鯛釣り場は全国的にみても、最も深い域にあたると私自身思います。と同時に魚影の非常に濃い漁場であるということも否定できません。